松本人志さんの発言について

10月14日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、アイドルグループ「愛の葉Girls」メンバー・大本萌景さんの自殺について「死んだら負け」と発言したことについて、批判する人が多いようですが、以前自殺を思いとどまった人の、ある番組での言葉を思い出しました。
その人はNHKのアナウンサーだったか役員だったか、はっきり覚えていませんが、男性で、ご存命ならかなり高齢になっていると思います。
その人がある番組に出演したときに、話の途中で、「実は自分は以前自殺を考えて、線路に飛び込もうとそばまで行った時に、昔友人に言われた『自殺するようなやつは負け犬だ? (弱い奴だ?)( 言葉は正確に覚えていませんが、こんなニュアンスの言葉だったと思います:ゆう )』という言葉を思い出して、思いとどまったんです」と、涙ながらに言われました。
だから松本人志さんの「死んだら負け」と言う言葉も、批判する人が言うように、自殺を考えている人には効果がないとか、心に響かないという事は、必ずしも言えないのではないでしょうか。

将来、「松本人志さんのあの“死んだら負け”という言葉で、自殺を思いとどまりました」と言う体験者が、 1人でも2人でも出て、救われると良いと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック